震災講話(1年) ~本校の杉浦先生より~

 6月25日(火)の5・6校時、「震災体験講話」、聴く機会を設けました。本校教諭の杉浦先生から、大槌町で被災して、多くの生徒や地域の方々が被害に遭う中、大槌中学校や大槌高校の生徒達と協力しながら、献身的な活動をしたことについて学びました。当時の大きな被害を受けた画像を見て、それについての説明を聞き、改めて地震や津波の恐ろしさを感じ取って、備えの重要性を再認識していたようでした。

地区中総体 ~近年まれに見る好成績 多数の県大会出場~

 地区中総体で、近年まれにみる好成績を挙げました。市内一周継走での男子連覇、体育祭の成功に続いて、よい流れが続いています。「日常生活での凡事徹底が、全てに繋がる」「良い判断をする習慣が、試合での良い判断に繋がる」等、文字通り『修文錬磨」「文武両道」を意識しての、好成績となりました。

<バスケットボール男子 見事に優勝>

<バスケットボール女子は第3位>

<剣道男子は準優勝>

<女子テニス団体は連覇>

<男子テニス団体は準優勝>

<バレー女子は第3位>

<バレーボール男子は第3位>

<野球は初戦敗退>

<サッカーは第3位>

地区中総体 ソフトテニス個人戦 惜しくも男女アベック準優勝

15日(土)の地区中総体。ソフトテニスの決勝戦、男子は工藤・田村組が滝沢中の冨樫・髙橋組に、女子は、小野川・石引組が松尾中の髙橋・林組に惜敗、準優勝に終りました。優勝を狙っていただけに、残念さもひとしおでしょう。他にも男子は、松尾・澤口組が3位、女子は、清水畑、仙木組が5位で県大会出場を決めています。戦術面を鍛え直して、県大会までに、更にレベルアップして欲しいですね。

<男子個人戦の入賞者>

<女子個人戦の入賞者>

部員一人一人が力強く決意発表 ~壮行式~

 13日(木)に、地区中総体の壮行式があり、各クラブの部員一人一人が、全校生徒の前で決意発表をしました。緊張の面持ちで、大きな声で目標を宣言する姿を、多くの保護者がギャラリーから見守りました。この日のために、チーム一丸となって、練習を積み重ねてきました。口に出したことは、有言実行で、やり切ってもらいたいものです。

<バスケ部男子>

<剣道部>

<バスケ部女子>

<バレー部男子>

<テニス部女子>

<テニス部男子>

<野球部>

<サッカー部>

<バレー部女子>

<卓球部女子>

<卓球部男子>

1年生が食育の授業

 6月5日(水)と7日(金)の2日間、1年生の3クラスが、本校栄養教員、金慶さんから、中学生期に、どんな食事を摂ることが望ましいかについての授業を受けました。給食は、栄養のバランスが取れたメニューになっていること、主菜、副菜、汁物、デザート等に分類して考えると良いこと、ファストフード等だけでは、バランスが取れないことなどについて学びました。何でも選択できる社会になったからこそ、栄養バランスを考えて、自分が食べるものを選択できるようでありたいものです。

「中学生の時期は・・・」

<1年3組での授業風景>