盛岡市内一周継走に向けて

走春の訪れ

  西根中の駅伝の季節が本格的に始まりました。

  「いつから走っているのですか」という記者からの質問。監督陣がいつも困る瞬間。昨日の2月26日から外周の早朝ランニングを開始。しかし冬期間も体育館を40周、秋は地区駅伝、県駅伝、東北駅伝、全国駅伝。夏は地区陸上、夏休みは毎日練習。

一年間、切れ目無く走っています。

 「いつから走っているのですか」

 その正確な回答は、「数年前から、毎日です」となるようです。

八幡平市教育表彰

西中生の活躍の成果

  2月23日(土)、「八幡平市教育振興運動推進大会」が松尾 コミュニティーセンターで開催され、多くの皆さんで会場が埋め尽くされました。ゲームやスマホ依存の危険についての講演会、田頭地区の実践発表など充実した内容でした。
   「三行詩」表彰では、家族への素直な感謝の想いを語った作品を、作者本人が朗読し、毎年「ウルっ(;_;)」としますね。1年の平姫女加さんも銀賞を獲得しました。八幡平市生徒表彰は県大会優勝など体育的、文化的な活躍をした団体、個人に贈られます。西中は県大会優勝の特設駅伝部と野球部、岩手県中文祭スローガン最優秀賞の神田萌さん、KWB中学校野球全国大会優勝の工藤奏太君が表彰されました。

表彰後にお二人の先生からメッセージ

 ○市教育委員会 小森 篤 指導主事
「結果も素晴らしいですが、受賞の所作が美しいですね。
   神田さん、野球や陸上の皆さんも大変立派で驚きました」

 ○市教育委員会 小野 公代 社会教育指導員(前大更小校長)
 「西中さんのこれまでの取り組みの成果が表れましたね」。
   (懐かしい教え子たちの大活躍に目を細めていました)

   写真上は平舘高校の文部科学大臣賞受賞「紫薫枕」の研究。最高級の研究で、是非「紫薫枕」の製品化、販売化に向かって欲しいです!!!

3年生最後のテスト

期末テスト風景

      3年生のS君から「先生、ホームページはまだ更新しないんですか」と、毎日のように催促。はい。更新しますよ。ジャーン!

西中生は入学してから数学が伸びます。その秘訣は授業力ですが、廊下の掲示にも秘密がありそうです。先生たちの研修(研究)の成果です。

3年生を激励する会&学校評価

期待を超えた!

  昨日、2月6日(水)は「3年生を激励する会」。そして学校評議員会も開催して、評議員の皆様にも全校生徒の様子を参観していただきました。

学校評議員の皆様の声(学校評価)
〈3年生を激励する会や日常の様子から〉
  感動した。「本気でやることがカッコいいのだ」という価値観が
   全校に根付いている。
   恥ずかしくないし、表現できる雰囲気がある。先生と生徒、生徒
   同士の関係性の良さを感じる。3年生も楽しんでいる。
  「ボディパーカッション」のレベルがまた上がった。歌声もすごい。
  生徒が仲が良い。小学生とも登下校中に仲良く話している。
  年々、進化している。規律正しく、統率力も素晴らしい。
  全体を見てみたが、さぼっている生徒が一人もいない。そこがスゴイ。
  ○この生徒の姿が評価のすべてになっている。
   ○水沢南中との交流などは、以前の西中ではあり得ない。もっと自慢したい。
  ○通学指導もしているが、中学生は横断歩道では、必ず自転車を
   降りて歩くのがスゴイ。
 ○地区運動会も多くの生徒に手伝ってもらい、助かっている。

 ○学力向上の取組み、授業改善も素晴らしい。コツを教えていただきたい。

 ○西中に入学するとみんな立派に成長するのがスゴイ。

 ○学校評価アンケートの数値が高く、取組が保護者に浸透している証拠である。

  ギャラリーで参観する保護者の皆さん

      1,2年の部、史上最高の合唱

1、2年生からは応援、合唱、Bodyパーカッション、記念品を贈呈

3年生は合唱、エール、3年生全員によるダンスを披露