岩手のてっぺん3

平成30年12月28

 「岩手のてっぺんを目指して」を合い言葉に平成28年度から全校生徒、全保護者、全職員で歩んできた西根中学校。今年、ついに盛岡一周継走、岩手県駅伝、野球Kボールと3度のてっぺんを経験しました。「もう一度、行こう」「今度は東北、全国のてっぺんに立とう」と目標が高まりました。

  チームのキャプテン洋之先生を失うという大きな悲しみもありましたが、私たちの心の中で生き続けていることも実感する日々でした。これからも同じです。

 今日が仕事納め。また、新年から岩手山に見守られながら、西中は進みます。今年一年の熱い熱いご支援、ご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。

2学期終了

最高の2学期にみんなで感謝!

式  辞

 夏、秋、冬と3つの季節をまたがる、86日間にわたる長い

2学期も今日で終わりとなります。始業式には、夏の猛暑、豪雨

や水害、久慈では真夏にヒョウが降った事を話しました。

今は冬となりましたが、記録的な暖冬で異常気象は続いている

ような気がします。暖冬には雪が多いと言われていますが、

大雪による被害が起きなければいいなと思います。

 さて、思い返すと、この2学期は2つの陸上大会で幕を開け

ました。地区陸上。夏休み中から猛暑を乗り越え練習に励んだ

選手団の活躍に加えて、競技場のスタンドに陣取った各校応援団

の中でひときわ目を引いたのが西中応援団でした。一糸乱れぬ動き、

一人もサボることのない芯の通った声援は高く評価されました。

地区駅伝では、男子優勝、女子4位。Bチームも大健闘しました。

 そして、各学年で行われた被災地ボランティア。地元の皆さんとの

心の交流に多くの方々が涙を流し感激してくれました。復興のために

一番必要なのは「心の復興」です。皆さんは道路や橋を作れるわけ

ではありませんが、人々に元気と勇気を与えるという一番重要な

ボランティアを提供できました。

 地区新人戦。団体金メダル3個、銀メダル2個、銅メダル3個。

個人でも一人と4ペアが入賞と昨年を上回る大きな成果を出すことが

できました。県中新人でも3位入賞の男子バスケ部をはじめ、どの部

も個人も来年の中総体に繋がる頑張りを見せてくれました。 

10月に入っての、県中駅伝。男子駅伝チームは3度目のゴール

テープを切りました。団体戦である駅伝を絵に描いたような逆転劇。

6人のメンバーが自分の役割を自覚し全力を尽しての見事な勝利。

そして岩手代表を背負って出場した12月の全国大会では、その

雰囲気を肌で感じ取り、来年に繋がる貴重な体験ができました。

 運動部の活躍が目立った前半でしたが、文化祭では文化部の活躍が

目立ちました。日頃の活動の成果を美しい趣向を凝らした作品展示で

示してくれた美術部、ユーモアあふれる科学ショーで観客を大いに

沸かせてくれた科学部、そして地区、県金賞の実力を迫力ある演奏で

示してくれた吹奏楽部、地区中文祭や定期演奏会、そ地域イベントでも

活躍しました。 その他、職場体験や未来パスポート、外部団体に

よる訪問授業、生徒会役選と様々な体験ができた2学期でした。

 明日から20間にわたる冬休みです。勉強も部活動も、誰もが努力

を尻込みするこの寒い冬の鍛錬が、来年度の運命を決める、そんな気が

します。3年生は来春の進路実現に向けて、1・2年生は4月に上級生

として新入生を迎えるために、しっかり準備を進める冬休みにして

いきましょう。       平成30年12月21日

           八幡平市立西根中学校 校長 刈谷友行

来たぞ、滋賀県!

試走、駅伝全国大会!

  昨日、新幹線で出発した引率3名、選手10名。友恵先生から写真が送られてきました。  おお、カッコいい~!!!!

 

DSC_0590

DSC_0597

DSC_0606

今年度購入したベンチウオーマーとアップスーツ。東北大会、全国大会用です!

 そして、見送りの様子!

大会当日の力走!

全国駅伝にむけて

垂れ幕をいただきました!

     学校通信の「修文錬磨」で、「市役所に掲示された垂れ幕、カッコいいよねえ」と書いたところ、なんと、市役所地域振興課から届きましたあ!!!!

ありがとう~!!!!!!! 壮行会に華を添えていただきました。

学校評価アンケート公開

  今年度の西根中の評価

    今年度もまなびフェストの重点について、生徒・保護者・教職員から採ったアンケートの集計が整いましたので、公開します。平成28年度から、今の形式に切り替えました。過去2年間の結果もHPで見ることができます。課題の改善に向けて、職員会議等で検討します。結果について考察と解決の手立てを立案し、学校評議員の皆様からご意見・ご助言をいただき、学校関係者評価を行います。

  

     今年も生徒・保護者から高い評価をいただきました。温かな支援体制に感謝。それに甘えず、教職員は自分に厳しく、「凡事徹底」を継続します。