平成30年度1学期終業式

大きな成果を残し、2学期も向上一路!

平成三十年度 西根中学校一学期終業式

式 辞

 フレッシュで感動に満ちた長いようで短い一学期が、今日で終わります。

     思い起こせば新入生を迎えての四月対面式。二・三年の上級生の皆さんは「真に尊敬される先輩」を目指し、歓迎の気持ちを込めた応援・合唱・そして一糸乱れぬボディパーカッションを披露してくれました。脈々と受け継がれた伝統に誇りを感じ演じられる迫力ある「西中文化」に私も新入生共々圧倒されました。

 そして盛岡市内一周継走では、男子は悲願の初優勝、女子は校史最高の第四位を達成しました。「私たち選手だけでなく陣地応援も最高でした。全校生徒で掴んだ栄光です」との主将の言葉通り、大会当日は雨の中、パワーあふれる全校応援が繰り広げられました。全県一、全国一と賞された西根中を実感した瞬間でした。

 その勢いに乗って行われた体育祭。上級生は下級生をよくリードし、組団を越えた応援交流も行われ、まさに全校が一つになることのできた体育祭でした。皆さんの表現活動は、決してやらされムードではなく、主体的になり楽しむことを大切に、自分たちの文化として誇りを感じて行われ、それが保護者や地域の方々に大いなる感動を与えました。

 そして、三年生にとっては中学校生活の最後となる中総体。「西根中学校は、毎年三年生が中心になり創り上げます」の広報の言葉通り、素晴らしい成果と伝統を三年生は残してくれました。秋の新人戦に向けて三年生が植えた種は、下級生に引き継がれ、必ず大きく実っていくことと思います。

 二年生、明るく元気な中堅学年として三年生を支え、一年生をリードし、あらゆる行事の成功と部活動推進の原動力となりました。この一学期での経験は、来年最上級生となる上で今後きっと生きてくると思います。二学期に向けた準備をこの夏休みに期待します。

 一年生、一学期前半は小学校気分が抜けず、いじめ冷やかしなどのトラブルがありました。今まで自分中心でわがままを言っても生きて来られたのは子どもだったからです。皆さんはもう中学生。相手を尊重し、自分との違いを認め、人間関係をうまく整えて、全体で協力し合うことで大きな幸せを掴む。これが大人の生き方です。最近は大人びてきました。将来西根中を背負って立つ一年生です。今後の成長が楽しみです。

 他にも、この一学期、西根中はボランティア活動で地域を支えました。高齢化率37.2%の八幡平市にとって、今後十八歳で成人を迎える皆さんの活躍はどんなにか励まされることでしょう。地域にとって中学生は未来の光、希望の星なのです。

 さて、明日から三週間の夏休みに入ります。事故にはくれぐれも気をつけてください。特に暑い夏は「水の事故」に要注意です。二学期に入って行われる地区陸上と地区駅伝大会、地区新人戦で西根中旋風を巻き起こせるように力を伸ばしましょう。また、夏休みは受験の天王山でもあります。三年生は自分の目指す高校に合格できるように実力をつけましょう。皆さん一人一人が安全で充実した日々を過ごし、八月十七日の始業式で元気な姿で会えるのを心から楽しみにしています。

            八幡平市立西根中学校 校長 刈谷 友行

県大会の大舞台で!

堂々と戦い、ベスト8も達成

   今日の清掃の時間。「副校長先生、修文錬磨(校報)は出来ましたか。ホームページは、いつ書いているんですか。今日は見れるかなあ」と、サッカー部のH君が楽しみにしてました。

  西根中は、「サッカー、女子テニス、女子バレー、剣道男女、相撲、水泳、陸上」が県大会に出場。サッカー、女子バレーがベスト8、女子テニス、剣道男女がベスト16に入りました。

水泳と相撲も東北大会の切符を獲得。大舞台でも物怖じせずに力を出せるようになりました。

【サッカー会場は遠野。2勝して元気いっぱいのメンバーです!】

 【陸上は北上。伊藤君が3000M5位。地区陸上、県駅伝に繋げます】

 

【テニスは太田コート。激戦を制して、強豪、北上中に挑みます】

【相撲は県営武道館。1年生3位で東北大会決定!】

【剣道は北上会場。男女とも予選リーグを突破。ベスト16達成】

【バレーは一関会場。2勝して勝ち上がりベスト8達成】

 

吹奏楽部、大活躍!

地区大会金賞、県大会へ!

   西根中の誇り、吹奏楽部は、7月1日に開催された全日本吹奏楽コンクール岩手県地区大会で見事1位を獲得。県大会出場を決めました。日頃から、地域のイベントなどの出演依頼が多く、地域貢献度もナンバー1です。

地区懇談会

体育館に100名集結!

  7月3日(火)、地区懇談会が開かれました。2年前に試験的に「全地区合同で体育館での1日開催」としましたが、その後のアンケ-トで90%以上の皆さんが、この方法を支持。「他の地区の様子もわかって助かる」「学校の説明や回答を一斉に聞ける」という理由でした。そこで、今年も合同開催。

18の地区毎に懇談したあと、各地区代表に懇談の内容を紹介していただきました。ご意見や建設的なご要望もあり、回答する担当職員も「なるほど」と、実感する場面もありました。詳細は学校通信「修文錬磨」でお伝えする予定です。

 サッカーWカップのサポーターに負けない、西根中の保護者の皆さんです。

 

復興教育

復興支援講演会

  西根中学校は、八幡平市の補助金を活用して、全学年が宮古、陸前高田、大槌の被災地訪問を続けています。事前学習として、岩手医大や日本赤十字病院に依頼して講演会も実施しています。写真は盛岡赤十字病院の髙柳看護師長です。TVドラマの「コード・ブルー」にも登場するDMATの資格を持ち、東日本大震災、熊本地震の時も被災地に駆けつけています。ドクターヘリにも搭乗します。

 〈下の写真は講演会で紹介された被災地支援の様子〉

 講演では、救急医療の現場の様子、緊急時に大切なこと、日常生活で備えるべきことなどをお話いただきました。最新のトリアージの方法も本物のシートを活用して体験させていただきました。

  3つの学年が、それぞれの学びを活かし、9月には被災地を訪れます。