いじめの温床、スマホ対策

学校経営の重要課題の1つ

  スマホ、ネット、ラインの安全で適切な使用。これは、H28、H29の学校評価アンケートで、教職員と保護者の双方から「心配である」と掲げられた項目。学校として対策も講じました。 2年連続で、2月に行われる新入生保護者説明会で携帯ショップから講師を招いて高額課金の実例や危険な事例を紹介してもらいました。また、H30年度は4月に全校生徒にも講演会を実施しました。下の写真と文章は校報「修文錬磨」からの抜粋です。

パソコンや携帯の先進国アメリカ。15年前のCNNニュースでIT機器やネット依存が、深刻な「うつ病」の原因になることに警鐘を鳴らしていました。また、数年前には日本でも、「ゲームを2時間以上継続している子供の脳波は痴呆症の老人の脳波と全く一致する波形になること」が報告されました。さらに仙台市の調査で「スマホを2時間以上使用する生徒は、2時間以上学習しても成績が落ちること」を実証しました。
スマホを使用しない、たった30分の学習時間の生徒の方が成績が良かったのです。長時間のスマホやゲームは、脳の機能を低下させると言っても過言ではありません。スマホの契約者は親ですから、責任があります。

〈航海日誌 6〉ライン、潜行するいじめの温床
  数年前、ラインを使用していた若い先生が言った。「ラインは怖い。今から対策を立てないと危険です」。それが現実問題となった。西根中では 2年前から入学生保護者説明会で携帯ショップの講演を実施。スマホ被害の実例を挙げてもらった。

 今年は全校生徒に講演会を実施。 しかし、今年は既に2件のライントラブルが発生。本来、ラインの世界は深く潜行し、トラブルの発見はむずかしいが、講演会実施の効果か、見える形になった。被害や加害の防止策として「家庭で、保護者が子供のラインを読むルールを作る」必要も感じる。

 

 

体育祭大成功

今年も岩手のてっぺんに立つ!

   5月19日(土)が雨のため、20日(日)に延期。晴天に恵まれ、最高のコンデイションで、最高の体育祭を開催出来ました。

  ■陣地賞(パネル)・・・青組団

   ■応援賞・・・・・・・・赤組団

   ■競技の部 優勝・・・・黄組団 

      準優勝・・・・赤組団

     5分間応援で披露された新しい応援の中から、また地区陸上で他校の注目を集める西中オンリーの応援が完成するでしょう。

 そして、やはり「凡事徹底」

あいさつ、整理整頓、時間管理。

それが今年も西根中を育てます。

奇跡の体育祭、再び

感動は勝敗に左右されない!

   昨年は赤組、青組、黄組が競技と応援の部で、得点が同点で並びました。少なくとも過去10年で例がない事態でした。優勝を決めたのは事前の取組み点検。すべての項目が満点だった黄組が優勝を手にしました。西根中のスローガン「凡事徹底」を証明した奇跡の体育祭となり、大きな歴史を刻みました。

  さて、今年はどんな体育祭になるのか。5月19日(土)の天気予報は雨90%ですが、本校スタッフは1時間単位の降雨量も分析、17日(木)現在は、「土曜日は実施可能!」と判断しています。

 感動を生むのは、真剣さ、丁寧な取組み、チームワーク、思いやりなどの凡事徹底。決して勝敗ではありません。3つの組団が最後は一つになり、七色の夢色に煌めくことを期待!!

PTA早朝作業

体育祭に向けて環境整備

  5月12日(土)朝6時、休日のゆっくりコーヒーなどを味わいたいところ、180名の保護者のご協力を得て、早朝作業が行われました。体育祭に向けて、水はけを良くするための側溝の泥上げ、ケガ防止のグランドの石拾い、急勾配の階段の小石拾い、窓磨きに汗を流しました。本当にありがとうございました。

校報「修文錬磨」

 西根中の想いを伝える

 校報「修文錬磨」は週1号のペースで年間40号の発行。B4版の両面カラー印刷で全家庭に配布。八幡平市役所にも愛読者がいて、お会いすると感想を寄せてくれます。本校OBの佐々木Aさんは、「最高です。写真についているコメントがぐっと来ます」と嬉しい一言。学区内の小学校、学校評議員様、市教委にも配布。地区には月1回程度の頻度で回覧しています。「すごい評判なんだけど、どんな通信なの?」と学区外の校長先生から質問もありましたので、今回は今年度の3号分のトップ記事の写真のみをご紹介します。

 ご笑覧いただけたら幸いですm(_ _)m