3年生を激励する会&学校評議員会

岩手のてっぺんは、ここにある!

  2月9日(金)の6校時、「3年生を激励する会」が企画され、1、2年生の応援、合唱、ボデイパーカッションが披露されました。ボデイパーカッションは文化祭でも、「過去最高の難易度」と言われましたが、さらに新しい動きを果敢に取り入れていました。昨年から保護者の皆さんにも公開しています。下の写真は最後の全校合唱をギャラリーから撮影したものです。全校生徒の凜とした姿、「今年も岩手のてっぺんに届いた」と実感しました。

他校の先生からも「真似したい」と言われる、ボデイパーカッション。

 この日は「学校評議員会」も開催し、5名の評議員の皆様にも参観していただきました。感想をご紹介いたします。

学校評議員会より

■感動した。「本気でやることがカッコいいのだ」という価値観が
 全校生徒に根付いている。恥ずかしくないし、表現できる雰囲気
 がある。先生と生徒、生徒同士の関係性の良さを感じる。
■「ボディパーカッション」のレベルがまた上がっていた。歌声も
 素晴らしい。歌を取り入れた活動が良いですね。
■生徒たちが素晴らしいと思います。どのように指導しているのか
 ノウハウをお聞きしたいと思います。先生の指導があってこそ、
 このような生徒たちに育っていると思います。
■先生がとにかく生徒を注意している大変な時期を見てきたから、
 今のイメージは最高。私の職場の職員にも見せたいです。本当に
 自慢したい学校、生徒です。生徒がかわいい。先生が生徒を規制
 するのではなく、夢を与えているからだと思う。
■比較する対象はないけれど、今の西中に自分の子供を入れたい。
■年々、進化している。規律正しく、統率力も素晴らしい。
■西根中は安心して見ていられる。地域からの評価も高い。
■良いものを見せていただいた。最後の3年生のダンスも本当に
 素敵だった。

〈3年生のダンスと合唱〉

 3年生全員による「笑顔」の合唱!