メッセージ 1

生徒たちへのメッセージ 1
 親心「赤い熊のぬいぐるみ」
   
  「生んでくれてありがとう」。

 その一言を言えぬまま永遠の別れとなった。
残してくれた温かな思い出はたくさんある。
貧乏だったし、旅行に行ったこともない。
それでも、安心して暮らせてたのは、母親
の愛情があったからだと思う。

 小学校2年の頃、テレビで見たぬいぐるみ
を欲しがった。しかし、お金が無いので、
買ってもらえなかった。

 数日後、学校から帰るとテーブルの上に
赤い熊のぬいぐるみが、「ちょこん」と
置いてあった。私は大喜びして、毎日、その
熊と一緒に寝ていた。母と姉が安い材料で
作ってくれたようだ。

 私も大きくなり、熊のことは忘れていた。

 時の流れには逆らえず、母が他界した。
母の持物を整理していると、茶箪笥の中に、
あの赤い熊のぬいぐるみが「ちょこん」と  
座っていた。「あっ、いた!」と思った。

 懐かしさが、ほっこりと蘇ってきた。
「ありがとう」の気持ちも溢れてきた。

  娘が小学校5年生になったある日、娘に赤い熊のぬいぐるみを見せた。
 今の子供は、なんて反応するのだろう。

 「あっ、熊さん、かわいい!」。

 娘と会えずに他界した祖母の話をして、
 ぬいぐるみが生まれた経緯を伝え、
 「欲しい?」と聞くと「うん」と笑顔。
 母の想いは、四十年の時を超え、私の娘に伝わった。

 今、赤い熊のぬいぐるみは、高校生になった娘の本棚に「ちょこん」といる。

「生んでくれてありがとう」の一言が言えなかった後悔。

せめて、母が注いでくれた愛情の証は、子供たちには伝えたい。

それがまた、時を超えるように。

感謝しているその気持ちは、相手に
言葉にして伝えたい。今のうちに。
時の流れに、人は逆らえないのだから。

(平成28年度PTA広報誌「寒椿」から転載)

西根中学校コンプライアンス宣言

コンプライアンス宣言

 私たち教職員は、生徒の人格形成に大きな影響を与える重要な職務を担っており、

  生徒一人ひとりの未来とわが国の未来を支える人材の育成に関わる仕事をしているということを常に心にきざみ、真摯に職務にあたることが大切だと考えます。

 私は、八幡平市立西根中学校の校長として、全ての教職員が生徒たちに自信を持って自分の背中を見せながら教育に取り組んでもらえるよう, 次のことに全力で取り組んでいくことを宣言します。

一  教職員間のコミュニケーションを促進し、お互いに相談し合うことができ、一人で問題を抱え込んだりすることのない、明るく生き生きとした職場づくりに努めます。

一  教職員がお互いの良さを認め、教科指導、生徒指導、学級・学年経営などをなどを学び合える職場文化づくりに取り組みます。

一  職場全体がOPDCAのマネジメントサイクルを意識し常に成果を確認し、課題に対する改善に取り組むことで生徒たちの成長を全体で共有し、自分たちの仕事に自信と誇りが持てる学校づくりに取り組みます。

一  生徒・保護者・地域からの信頼を失うことのない学校づくりを先頭に立って進めるため、一層のリーダーシップやマネジメント能力の向上を図ります。

            平成29年1月18日  八幡平市立西根中学校

                     校 長  佐 藤 亥 壱

3学期も全速力で! 選抜大会&激励する会

岩手県選抜大会出場

   2月4日(土)は男子バスケ、2月11日(土)は男子バレーが岩手県選抜大会に出場! 会場は北上市総合体育館。校長先生もカメラ片手に応援に駆けつけました。バスケは各地区を勝ち上がった16チームが、バレーは秋の新人大会でベスト16に入ったチームのみが出場できるレベルの高い大会です。両チームとも惜しくも初戦突破とはなりませんでしたが、次回につながるプレーもたくさん見ることが出来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3年生を激励する会

 この1、2年生の笑顔は3年生106名が欅坂46の「サイレントマジョリテイ」を披露したときのものです。本気で、しかもカッコ良く踊る先輩たちに魅了される後輩たち。

「学校評議員会」開催

「よく伸ばしていただきました!」

2月3日(金)の午後、西根中学校「学校評議員会」が開かれました。学校評議員は次の5名の皆様です。
 ○平舘高等学校校長            岩渕健一 様
 ○大更コミュニティーセンター長    堀篭富雄 様(西根中学校第15代校長)
 ○田頭コミュニティーセンター長     伊藤正光 様
 ○西根中学校 第27代PTA会長       菊田健生 様
 ○社会福祉法人杉の子会理事長      遠藤一子 様

  生徒・保護者・教職員アンケートの結果を分析し、成果と課題をまとめた「学校自己評価」について評議員の皆様から客観的に検証していただきました。

〔評議員の皆様のご意見・ご感想を一部ご紹介〕

言うことがないくらい素晴らしい。「県下最下位」と言われたところから3~4年でよく伸ばしていただいた。

■授業を見ても、教室環境、廊下や階段の掲示物を見ても、良い環境で学習している。 集中できる環境があるから雰囲気が良い。

■授業のペア活動も男女で協力しているし、机も揃っている。素晴らしい。

■小中高の連携と言われているが、やはりポイントは中学校。日常的な活動や成果、充実している様子が、学校通信や行事で見える。「西中は頑張っている」と伝わっている。カラーで配布する「修文錬磨」の影響は大きい。高校でも予算をやりくりしてカラーに挑戦したい。

■西中生が地域活動に参加して、大変助かっているし、かわいい。太鼓やさんさ踊りなど部活と地域活動を両立させていただいて、感謝している。以前より学校や顧問の先生が、理解してくれているように感じる。そのように故郷を大切にする想いが育てば、一度高校や大学で八幡平市を離れても必ず地元に帰って来る。学校通信も毎号楽しみにしてる。

■アンケートの「プラス評価85%以上を合格と見る」のは、学校自身がかなり厳しい規準でチェックしている。さらに改善に向かう、学校の姿勢に感心しました。

■アンケート結果は生徒、保護者とも非常に高い結果である。「満足していない」という少数の生徒のケアもお願いしたかったが、お話を聞いてご配慮に安心しました。

 学校評価アンケート結果を掲載します。クリックすると画像が鮮明になります。

 課題解決に向けては、年度途中から既にすべての項目において具体的な手立てを構築しています。来年度の「学校運営計画」にも位置づけていきます! 

いじめを科学する

脳科学の視点から分析した「いじめ」の原因  

                         〔西根中学校校報 「修文錬磨」第30号より転載〕「ドーパミン」は脳内神経伝達物質の1つです。皆さんも聞いたことがありますよね。
とてもプラスの効果もあり、私たちを元気づけてくれます。

   例えば、何か成功して「やったぁ」と思った瞬間にドーパミンが分泌されます。とても心地よいので、「またがんばろう」と思うのですね。ドーパミンを上手に分泌させることで、「やる気スイッチ」をオンにできます。意欲を高めてくれます。

 しかし、最近の研究で「人の悪口を言っている時」にもドーパミンが分泌されることが、論文、書籍やレポートで報告されています。ですから「いじめ」の時にも分泌されていると思われます。このドーパミンの怖さは「中毒性」にあると思われます。
 今日はいじめの対策について、脳内ホルモンの働きの点から考えてみましょう。
  (このドーパミンを急激に、脳の限界を超えて分泌させるのが「覚醒剤」です!)


ドーパミンに騙されるな!

 「いじめは駄目です」。
 学校でも何度も言います。絶対に許されないことです。

全国の学校でも言われています。
それなのに・・・なぜ、いじめは根絶しないのか。

根本の原因は、脳にありました。
「いじめは楽しい」。
脳が、そのように感じてしまうからです。

 相手を自分より低い立場に置けば、自分の命や立場が守られる。極めて動物的で原始的な生命維持のための
 脳の働きとも言えます。
 

 脳は、そのような言動にドーパミン」というご褒美を 
 与えてしまったのです。「ドーパミン」は快感物質です。気持ち良くなり、中毒性もあります。だから危険なのです。

虐待、パワハラ、セクハラ、DV、民族紛争、人種差別、
ラインはずし、ヘイトスピーチ、体罰、暴行。

 すべて犯人は同じ。「ドーパミン」です。
だから、日本中の高校や大人の職場でもありえます。

 しかし、今の私たちには、そのような生命維持の必要は
ありません。動物的な脳機能に騙されてはいけません。

 ●私たちは獣じゃない!
 ●私たちは中毒じゃない!
 ●人の痛みを知る人間だ!
 ●助け合える人間だ!
 ●いじめなんて絶対しない!

  本能とも言える脳の機能がいじめを生むなら、私たちは「理性」の力でいじめを止める。

   理性が「絆」を紡ぐ。

   (校報「修文錬磨」第30号より) *許可なく転載を禁じます。