面接練習~高校入試本番突入!

 平成28年度の高等学校入学者選抜試験が、私立高校を皮切りにいよいよ本番に入りました。入試に向けて3年生は、12月から面接練習に取り組んでいます。面接は、試験官との対話により進められます。そこで必要とされるのが、「言語技術」です。本校では、次のことを重点として、授業はもとより日常生活の中で指導しているところです。

  1. 「主張→根拠→まとめ」の順序で表す。
  2. 主語を明確にする。特に主張文には主語を入れ、その主張に対する責任を明確にする。
  3. 5W1H を明確に提示する。
  4. 単語で話さない。
  5. わからない・別に・ビミョー・なんとなく等のあいまいで無責任な返答はしない。

 面接官は、1つの質問に生徒の答えが出たらその内容を掘り下げるためにさらに、5W1H を用いて質問を重ねます。上記のような返答のルールを日頃から心がけて話すようにしていれば、面接は恐れるに足りません。面接練習では、質問をよく聞き、自分の経験や考えを整理し、述べる内容と順番を考えて、相手に自分の考えを分かりやすく伝えられるよう、トレーニングを重ねているところです。どうかご家庭でもお子さん に問いを発し、生徒が自ら考え判断し表現する機会をつくり、子どもの進路を一緒に考えてみて下さい。
 本校の生徒たちは、中学校生活の中で様々な活動にそれぞれの思いを持って一生懸命取り組んでいます。 そこで考え感じたこと、成功して得たもの、失敗から学んだこと等、今後の土台となる経験を重ねてきたと思います。3学期は各学年とも、その総まとめの時期です。自己を振り返り、次のステップで求められる力を身につけていくために、心に目標を持ち、それを言葉に表し、実際の行動に移すことができるよう、生徒を鍛えていきたいと思います。
 最後に3年生の高校入試に向けて、ご家庭へのお願いです。子どもが家で勉強に打ち込める環境をつくるのは、親の責任です。栄養と愛情たっぷりの食事も欠かせません。自立に向けて、規則正しい生活をさせることは、健康管理にもつながります。受験は団体戦です。子どもと学校と家庭が一つの大きな目標に向かって、一丸となって取り組んでいく3学期にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です