リーダーシップの役割と責任

 西中祭を終え、後期生徒会役員選挙が行われました。西中祭まで全力で走ってきた3年生の姿を見てきたのですから、これからの西中を背負って立つ新しいリーダーと1・2年生の生徒達もきっとやってくれることと思います。

 とは言っても、リーダーになることは言葉で言うほど簡単なものではありません。リーダーは292人の西中生を率いる人です。正論を言うだけでなく、自ら行動し、みんなの模範となるべき人なのです。誰よりも目標達成のために情熱を燃やし、どうすればみんなの力を結集できるか考え、結果についても責任を負わねばなりません。これからその役割を引き受け、その責任を果たすべく取り組む中で、リーダーとしての力量を身につけていくことになります。最初は失敗もするでしょう。それを乗り越えていく事が、今までの自分に足りなかったものを学ぶことに繋がっていくのだと思います。役割と責任は、人を育てるのです。

 生徒会の他、学年や学級でも、後期のリーダーが選出されました。これまでよりも一歩前に出て、新たな 役割と責任を担い、自分を成長させていって欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です