県駅伝試走&地区陸上に向けた応援練習

目指すは東北大会

 8月19日(土)は、県駅伝の試走で花巻総合運動公園に行きました。4月の盛岡市内一周継走では、初の準優勝を飾った男子。県駅伝では東北大会の切符を手にいれます。今週24日(木)の地区陸上で、走りの最終チェックをします。

  念入りにコースを確認。登り下り、カーブの角度もチェックしました。

 マークする学校は決まっています。秒単位でタイムチェック。ベストオーダーを組むのが監督の腕の見せ所。気合いが入っています。

 本番は米倉先生の6台のトランシーバーが活躍します。試走は携帯電話で連絡。

応援練習風景から

  初日の応援練習を見た米倉先生が全校生徒に感想を伝えました

「はっきり言って、しまりがないと思いました。このまま県営運動公園に行っても昨年よりレベルが下がります。2年生はガンバっています。3年生も昨日はウオームアップの感じで、ここから自分たちで上げてくると思います。1年生がそれについてきていないのです。県駅伝の試走で花巻に行った時に、花巻東高校と宮城県の東北高校が練習試合をしていました。東北高校は3~4列くらいでジョグをしていたのですが、声、歩幅、すべてが揃っていました。それだけで、凄いと思いました。強いんだろうなと感じました。全体が揃うというのは、それだけ相手に強い印象を与えます。皆さんの昨日の練習では、強い学校という印象は与えないと思います。今日と明日の練習で、揃えるという意識を持って欲しいです」。

1年生の挽回、V字復活に期待します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です