「学校評議員会」開催

「よく伸ばしていただきました!」

2月3日(金)の午後、西根中学校「学校評議員会」が開かれました。学校評議員は次の5名の皆様です。
 ○平舘高等学校校長            岩渕健一 様
 ○大更コミュニティーセンター長    堀篭富雄 様(西根中学校第15代校長)
 ○田頭コミュニティーセンター長     伊藤正光 様
 ○西根中学校 第27代PTA会長       菊田健生 様
 ○社会福祉法人杉の子会理事長      遠藤一子 様

  生徒・保護者・教職員アンケートの結果を分析し、成果と課題をまとめた「学校自己評価」について評議員の皆様から客観的に検証していただきました。

〔評議員の皆様のご意見・ご感想を一部ご紹介〕

言うことがないくらい素晴らしい。「県下最下位」と言われたところから3~4年でよく伸ばしていただいた。

■授業を見ても、教室環境、廊下や階段の掲示物を見ても、良い環境で学習している。 集中できる環境があるから雰囲気が良い。

■授業のペア活動も男女で協力しているし、机も揃っている。素晴らしい。

■小中高の連携と言われているが、やはりポイントは中学校。日常的な活動や成果、充実している様子が、学校通信や行事で見える。「西中は頑張っている」と伝わっている。カラーで配布する「修文錬磨」の影響は大きい。高校でも予算をやりくりしてカラーに挑戦したい。

■西中生が地域活動に参加して、大変助かっているし、かわいい。太鼓やさんさ踊りなど部活と地域活動を両立させていただいて、感謝している。以前より学校や顧問の先生が、理解してくれているように感じる。そのように故郷を大切にする想いが育てば、一度高校や大学で八幡平市を離れても必ず地元に帰って来る。学校通信も毎号楽しみにしてる。

■アンケートの「プラス評価85%以上を合格と見る」のは、学校自身がかなり厳しい規準でチェックしている。さらに改善に向かう、学校の姿勢に感心しました。

■アンケート結果は生徒、保護者とも非常に高い結果である。「満足していない」という少数の生徒のケアもお願いしたかったが、お話を聞いてご配慮に安心しました。

 学校評価アンケート結果を掲載します。クリックすると画像が鮮明になります。

 課題解決に向けては、年度途中から既にすべての項目において具体的な手立てを構築しています。来年度の「学校運営計画」にも位置づけていきます! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です