授業改善に向けて

 総合訪問指導をチャンスとして!

 11月21日(月)は、盛岡教育事務所の総合訪問指導がありました。西根中の先生全員の授業を見ていただき、助言をいただきました。「授業の目標も明確で、ゴールもわかりやすい。生徒たちの活動も素晴らしく、特に3年生は県内でも最高レベルの授業への取り組みだと感じました」との助言をいただき、4月からの取り組みが評価され、校長先生もご満悦でした。

     全教科で共通して心がけているのは、「課題や授業メニューの明示」「グループ学習、ペア活動など生徒の活動(アウトプット)の保障」「振り返りやまとめの場の設定」「丁寧で見やすい板書とノート指導」「先生の説明力のスキルアップ(簡潔な説明)(明確な指示)」です。

img_6258img_6268img_6270img_6276img_6281img_6289img_6291img_6260img_6251

     2年生の英語は、ほぼ英語だけで授業を進めるように切り替えていきます。高校の英語の授業に備えて、そして2020年からの中学校でのオールイングリッシュの授業に向けて。

 さらなる授業力の向上にむけて、9教科による学力保障にむけて、チーム西中は進みます。9教科のプロの授業で、「生徒の夢」を育めないはずはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です