2学期終業式 校長式辞

 校長先生からのメッセージ

   9月に3年生は大槌町で、2年生は宮古市で、1年生は陸前高田市で復校ボランテアを行い、どの学年も体験を通して多くのことを学んだことを思い出してください。10月の西中祭では、心のこもった作品展示や本気で取り組んだ合唱や難易度の高いボデパーカッションを披露し、来校いただいた保護者や地域の方々に多くの感動を与えることが出来ました。2学期も一つ一つの行事に真剣に取組み、多くのことを学び、大きく成長したすばらしい2学期だったと思います。

 明日からの冬休みを有意義な冬休みにするために、2つのことを話します。

 1つめ、冬休みは学校で5時間ないし、6時間授業を行っているときよりも自由になる時間が多くあります。外も寒いので、外で遊ぶという時間も短くなると思います。その時間をゲームやテレビの時間にせず、短編でもいいので本を読み、様々な考え方や生き方に触れて、自分の心に栄養をやってほしいと思います。

 2つめ、1、2年生は寒いこの冬にどれだけ地道にトレーニングをして、基礎体力をつけることが出来るか、これが来年の中総体の勝敗を決めることになります。自分自身に決して負けず、頑張り通して欲しいと思います。これは運動部だけでなく、文化部にも同じことが言えますし、学習についても同じことが言えます。

 3年生は中学校最後の冬休みです。県内の3年生が自分の進路実現のために勉強に取り組んでいます。自分の目指す進路を実現するためには、人より努力するしかありません。歯を食いしばって頑張るときです。自分に負けず、妥協せずに、納得のいく取組みをして欲しいと思います。

 それぞれの学年が自分に必要な力をつけ蓄える、充実した冬休みにして欲しいと思います。最後に1月12日の3学期始業式に、全員が自分の目標を達成したという、自信にあふれた顔で元気に登校することを期待し、式辞とします。

冬休みも活動中

春を待ち、根を深く伸ばす

  いよいよ、今日で学校も閉庁。今年の活動も一休みです。冬季休業中も3年生は校長先生との面接練習で緊張を味わっています。

   進路達成にむけて、努力の冬を過ごしています。春には「新しいスタートライン」が待っています。全力で青春をスタートできますように。

 リーダー研修会

  12月25日(月)のクリスマスは、1日かけて生徒会や1、2年生の学年リーダーが研修会を実施しました。講師は先生たちです。「リーダーの役目」「これからの理想の西中」「自分たちがやるべきこと」などを、講義やワークショップで深めました。来年度の「学校作り」に向けて、すでに動き始めています。期待しています!

学校評価アンケートの結果

 今年度の課題と成果 

  今年度の西根中の歩みを「全校生徒」「保護者」「職員」で評価しました。

   回答は「とても良く出来た」「良く出来た」「あまりできなかった」「まったくできなかった」の4選択。そのうち、「とても良く出来た」と「良く出来た」の合計が85%を超えた項目を「達成」とみなし、85%未満の項目を課題と位置づけました。昨年より1項目が課題から合格に移行し、成果がみられました。全体的に90%以上の高い満足度で推移しています。この結果を職員、PTA役員、学校評議員の皆様にも検討していただき、3学期には来年度の方向性を確認する予定です。集計表を掲載します。

【表はクリックすると拡大します】

 昨年と同様に「わかる授業」「家庭学習の定着」「スマホやネットの安全な利用」が課題となりました。「わかる授業」作りは、本校の重点項目でもあり、現在の手立てに工夫を加えて3学期に新しい試みにも取り組みます。また、スマホについては、「新入生保護者説明会」では、携帯ショップから講師を招いて、危険な事例を紹介してもらうなど、対策も継続していきます。

平成28年度から取り組み始めた                   {先生たちの意識改革}

芸術の秋 西中生の活躍

 八幡平市芸術祭&岩手地区中文祭

  岩手山も雪化粧。少し遅れましたが、西中生の秋の活躍を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

   八幡平市芸術祭では、松尾中学校の皆さんと合同演奏。これがまた素晴らしく、会場の皆さんから万雷の拍手をいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

西根中のキャリア教育②

2年生職場体験学習

   10月24日(火)、25日(水)の二日間、2年生が職場体験学習に取組みました。生徒の第一希望を優先し、3~5人のグループに分かれて、市内の25箇所の事業所にお世話になりました。わずか二日ですが、学校だけでは体験できない本当の職業の「一瞬」を味わうことで、これからの進路選択のヒントにして欲しいものです。「人生設計の基礎力」を培い、

夢見る力を身につけて欲しいと願います。