県大会の大舞台で!

堂々と戦い、ベスト8も達成

   今日の清掃の時間。「副校長先生、修文錬磨(校報)は出来ましたか。ホームページは、いつ書いているんですか。今日は見れるかなあ」と、サッカー部のH君が楽しみにしていたので、載せます(笑)。あとで写真も増やして、文章も更新しますが、

とりあえず、H君、君のために更新したぞ(笑)。

吹奏楽部、大活躍!

地区大会金賞、県大会へ!

   西根中の誇り、吹奏楽部は、7月1日に開催された全日本吹奏楽コンクール岩手県地区大会で見事1位を獲得。県大会出場を決めました。日頃から、地域のイベントなどの出演依頼が多く、地域貢献度もナンバー1です。

地区懇談会

体育館に100名集結!

  7月3日(火)、地区懇談会が開かれました。2年前に試験的に「全地区合同で体育館での1日開催」としましたが、その後のアンケ-トで90%以上の皆さんが、この方法を支持。「他の地区の様子もわかって助かる」「学校の説明や回答を一斉に聞ける」という理由でした。そこで、今年も合同開催。

18の地区毎に懇談したあと、各地区代表に懇談の内容を紹介していただきました。ご意見や建設的なご要望もあり、回答する担当職員も「なるほど」と、実感する場面もありました。詳細は学校通信「修文錬磨」でお伝えする予定です。

 サッカーWカップのサポーターに負けない、西根中の保護者の皆さんです。

 

復興教育

復興支援講演会

  西根中学校は、八幡平市の補助金を活用して、全学年が宮古、陸前高田、大槌の被災地訪問を続けています。事前学習として、岩手医大や日本赤十字病院に依頼して講演会も実施しています。写真は盛岡赤十字病院の髙柳看護師長です。TVドラマの「コード・ブルー」にも登場するDMATの資格を持ち、東日本大震災、熊本地震の時も被災地に駆けつけています。ドクターヘリにも搭乗します。

 〈下の写真は講演会で紹介された被災地支援の様子〉

 講演では、救急医療の現場の様子、緊急時に大切なこと、日常生活で備えるべきことなどをお話いただきました。最新のトリアージの方法も本物のシートを活用して体験させていただきました。

  3つの学年が、それぞれの学びを活かし、9月には被災地を訪れます。

今年2度目の岩手のてっぺん獲得!

チーム八幡平、全国大会へ!

   6月30日、西根中野球部6名を含む、チーム八幡平が滝沢総合運動公園で開催された「平成三十年度第十回八幡平市長杯岩手県中学生野球大会」で優勝し、北海道帯広で開催される全国大会出場を決めました。4校の合同チームですが、応援団の団結力も素晴らしく、まさに「チーム八幡平」でした。  

 この写真は全校朝会の表彰の様子。撮影してすぐアップしたのですが、ある選手のお母さんが「スゴイ、今朝の写真が直ぐ載ってる」と感激したそうです。こちらこそ毎日HPをチェックして頂いて、嬉しく思います。どうぞ、コメントもお寄せください m(_ _)m

 

〈校報「修文錬磨」第12号より〉

中総体での納得のいかない判定。しかし、そこで投げ遣りにならず、次の一歩を
丁寧に踏み出したからこそ、この優勝旗を獲得できたのだと思います。
 人生には努力が報われないこともたくさんあります。勝利より敗北が多いです。
しかし、挫折してあきらめたり、腐っていたら、「頂」には届きませんでした。
学校とは「間違う所、失敗する所、負けを経験する所、挫折感を覚える所、自分の
無力さを知る所、悔しい思いをする所、分かれ道や小道で迷う所」です。
 そして、「仲間や先輩、先生や親の言葉、励まし、アドバイスで、その失敗や敗北の
乗り越え方や立ち直り方を学ぶ所、やればできる、自分でもできると実感する所、自分
だけの夢の斜面を見つける所」です。先生たちもalways見守っている所です。