生徒総会

 後期生徒会、出航!

 11月16日(水)、西根中学校「生徒総会」が開催されました。生徒会役員選挙で当選した、新役員の最初の大きな仕事です。前期スローガンは、「BEST」でした。Believe,Effort,Shine,Teamworkの頭文字をつなげて、ベストを目指しました。dsc_1432

   写真上は、前期生徒会役員からの引継の場面です。「たすき」が渡された瞬間です!     後期スローガンは、「繋~団結し、笑顔あふれる西中へ~」つなぐに込められた想いは、「伝統のたすきをつなぐ」「人と人をつなぐ」「心をつなぐ」。新たな西中伝説の創造が楽しみです。ガンバ、生徒会!dsc05135dsc05096dsc05133

岩手県新人大会

憧れの舞台で、「飛べ!」

 10月15日(土)~16日(日)は前期岩手県新人大会、11月19日(土)~20日(日)は後期岩手県新人大会が開催されました。前期は男子バスケ、男子テニスが初戦敗退。テニス個人は、清水畑・花崎ペアが4-2で山田中に勝利。2試合目は、0-4で金ヶ崎中に敗れました。後期は女子バレーと剣道男女が初戦敗退。男子バレーは初戦2-1で磐井中に勝利。2試合目は0-2で、見前南中に敗れました。全試合、白熱した接戦でした。応援も最高でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img_6220img_6221img_6239img_6228

授業改善に向けて

 総合訪問指導をチャンスとして!

 11月21日(月)は、盛岡教育事務所の総合訪問指導がありました。西根中の先生全員の授業を見ていただき、助言をいただきました。「授業の目標も明確で、ゴールもわかりやすい。生徒たちの活動も素晴らしく、特に3年生は県内でも最高レベルの授業への取り組みだと感じました」との助言をいただき、4月からの取り組みが評価され、校長先生もご満悦でした。

     全教科で共通して心がけているのは、「課題や授業メニューの明示」「グループ学習、ペア活動など生徒の活動(アウトプット)の保障」「振り返りやまとめの場の設定」「丁寧で見やすい板書とノート指導」「先生の説明力のスキルアップ(簡潔な説明)(明確な指示)」です。

img_6258img_6268img_6270img_6276img_6281img_6289img_6291img_6260img_6251

     2年生の英語は、ほぼ英語だけで授業を進めるように切り替えていきます。高校の英語の授業に備えて、そして2020年からの中学校でのオールイングリッシュの授業に向けて。

 さらなる授業力の向上にむけて、9教科による学力保障にむけて、チーム西中は進みます。9教科のプロの授業で、「生徒の夢」を育めないはずはありません。

1年生復興ボランテイア学習

海に響け!In Miyako

 台風10号の被害で封鎖された国道106号線。9月に予定されていた1学年の訪問が延期となり、11月1日(火)に実施しました。当日は雪混じりの雨の中を、バス2台で出発。同じ被災地に3年間訪問するのが西根中スタイル。大槌町、陸前高田市にも訪問しています。3年間訪問を続けることで復興を見届けながら、生徒の成長も被災地の皆さんに見守ってもらえます。2016-11-01-10-46-13

■1年2組学級通信「はじめの一歩(No.71)」より■

  「残念ながら浄土ヶ浜での奉仕活動はできませんでしたが、
 雨の中、浄土ヶ浜で応援をしました。すると、レストハウス
 にいた方々が、手を振ってくださったようです。ウミネコは
 びっくりしていました。
  「ウミネコを追いかけたい」「海の方に行ってみたい」。
  そう思った人もたくさんいました。が、来年のお楽しみ。

来年 はあの美しい海の周りを、さらに綺麗にできたらいいですね」。

心に響け!

被災地の皆さんへ、エール!!2016-11-01-12-38-332016-11-01-12-42-14

宮古市と八幡平市のつながり、連携の歴史について説明する1年生。

2016-11-01-11-05-52

来年、またお伺いします。待っててくださいね。

 

修文錬磨

 西中生の表現力!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 西中生が、また実力を発揮しました。11月3日(木)は「八幡平市市民憲章推進大会」が開催
されました。開会式では西根中吹奏楽部を中心に30名 の有志がステージで市民歌を斉唱。「開会式では、次代を担う中学生が素晴らしい歌を披露してくれました」と、田村市長からも高く評価していただいたと、校長先生。当日は「江間章子賞」も表彰され、3年生の澤口奈那さんが教育長賞受賞。安野木友希さんが入選しました。%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

八幡平市教育長賞

「ひかりとヒカリ」 3年 澤口奈那さん

    部活で遅くなった帰り道 澄んだ空気にひかりが差した
    月のひかり 星のひかり あぁ今日もやさしい顔でいる
  突然辺りが明るくなった 今度は澄んだ空気にヒカリが差した
 車のヒカリ 町のヒカリ あぁ今日もうつろな目で昔をみている

 生まれた時 ヒカリもやさしい顔で ひかりと仲良く私達を照らした

           時は流れる ヒカリの表情は消えてゆく
          そして ヒカリはひかりを忘れてしまった
       あぁ今日も ひかりは私に 悲しげにほほえんだ

 「江間章子さんが作詞した校歌」(一部を紹介)
  ■岩手大学教育学部附属小学校校歌
  ■岩手県八幡平市立西根第一中学校校歌
  ■神奈川県大和市立つきみ野中学校校歌
  ■神奈川県相模原市立上鶴間中学校校歌
  ■東京都世田谷区立希望丘中学校校歌
  ■愛媛県四国中央市立三島東中学校校歌
  ■山梨県都留市立都留第一中学校校歌
  ■埼玉県越谷市立光陽中学校校歌
  ■神奈川県横浜市立東希望が丘小学校校歌
  ■東京都小平市立学園東小学校校歌
  ■神奈川県横浜市立左近山第一小学校校歌

岩手県最優秀賞獲得!

第36回全国中学生人権作文コンテスト岩手県大会で、3年生の村上愛華さんが最優秀賞(盛岡地方法務局長賞)を獲得しました。11月6日(日)午後、岩手県営体育館で表彰と朗読が行われました。村上さんの作品は県代表として全国審査に推薦されます。全国大会の審査員は、次の皆さんです。作品名は「みんなちがって、みんないい」。

  ○作  家(審査員長)     落合 恵子氏
  ○映画監督           山田 洋次氏
  ○文部科学省初等中等教育局視学官
  ○一般社団法人日本新聞協会事務局長
  ○日本放送協会解説委員
  ○全国人権擁護委員連合会会長 内田 博文氏
  ○法務省人権擁護局長     岡村 和美氏img_2279